スリムレッグメーカー効果画像

スリムレッグメーカーに美脚効果を期待できる理由を教えます

スリムレッグメーカーは夜履いて寝るだけで脚が細くなると話題の着圧タイツです。といっても、美脚効果が期待できる着圧タイツってたくさんあるから、スリムレッグメーカーは他の着圧タイツとどう違うの?ってなりますよね?

そこで、スリムレッグメーカーの特徴を詳しくご紹介。この記事を読めば、スリムレッグメーカーに美脚効果を期待できる理由が分かりますよ~。

スリムレッグメーカーは次の症状がある人に効果が期待できます。
◇ 脚がパンパンになる
◇ 脚がだるい
◇ 立ち仕事が多くて脚が痛い
◇ デスクワークで脚がむくむ

ひとつでも該当するなら、スリムレッグメーカーの効果を実感できる可能性が高いです。スリムレッグメーカーを試す価値ありですよ。

スリムレッグメーカーは脚のリンパの流れを改善するから効果大

先ほど上げた症状が起こるのは、リンパの流れが滞っているからです。スリムレッグメーカーは滞ったリンパの流れを改善するから、むくみ解消、脚痩せといった美脚効果を期待できるんですね。

ここで「リンパの流れって何?」となった人がいるかもしれませんね。スリムレッグメーカーにどうしてそんなに大きな効果を期待できるのかを納得してもらうために、リンパについて説明しておきますね。
「リンパのことは知ってる!」という人は、次の“スリムレッグメーカーの美脚効果の理由はテーピング理論にあり!”を読んでくださいね。

リンパは血管と同じように静脈に添って体中に張り巡らされている管です。リンパは体内の老廃物の回収したり運搬するほか、細菌などを排除する効果もあります。リンパの流れは筋肉に依存しているので、筋肉が衰えるとリンパの流れも滞り、老廃物が蓄積されます。これがむくみの原因です。

そう、大根脚の原因は滞ったリンパにあったんです。

しかも、女性は子どもを産むためにエネルギーを効果的に蓄えるような体になっているから、下半身に脂肪が付きやすいのだとか。これに加えて、食生活が乱れていたり、運動不足だったりすると、下半身太りしてしまいます。

だから、食事制限や運動などきついダイエットは苦手と言う人は、リンパの流れを改善するスリムレッグメーカーを履くことをおすすめします。

ということで、次にスリムレッグメーカーの驚きの美脚効果の秘密を紐解いていきますよ。

スリムレッグメーカーの美脚効果の理由はテーピング理論にあり!

スリムレッグメーカーの高い効果を可能にしている最大の特徴はその製法にあります。スリムレッグメーカーはアスリートのテーピング理論をダイエット用に改良したものです。だから、スリムレッグメーカーを履くと筋肉が効果的に刺激されるので、リンパの流れが良くなるんですね。

さらに、スリムレッグメーカーによると日本人女性は前傾姿勢になりがちなのだとか。前傾姿勢だとふくらはぎの後ろ側の筋肉がたるんだ状態になるので、締まりがないだらしない印象の脚になってしまいます。スリムレッグメーカーを履くと、脚の裏側にも効果的に圧がかかるから、きゅっと引き締まった美しい脚に導きます。

ちなみに、スリムレッグメーカーには足首から太ももに向かって5つの加圧ポイントがあります。それぞれの加圧ポイントの圧は、足首から22hpa、19hpa、17hpa、16hpa、15hpaです。スリムレッグメーカーを夜に履いて寝ると、リンパが溜まりやすい足首から効果的に圧をかけていくので、むくみ解消されて、朝脚がすっきりとするんですね。

スリムレッグメーカーはゲルマニウム使用で脂肪燃焼効果も期待できる!?

スリムレッグメーカーがリンパの流れを改善し、むくみを解消する効果はご理解いただけたと思いますが、「付いてしまった脂肪はどうなるの?」と思った人もいるのではないでしょうか?

スリムレッグメーカーはすでにある脂肪についてももちろん効果があります!スリムレッグメーカーの生地には高濃度のゲルマニウムが施されています。
ゲルマニウムはゲルマニウム温泉などで聞いたことがある人も多いんじゃないかと思いますが、ゲルマニウムにはデトックス効果があるとされ、新陳代謝をあげる働きがあります。代謝があがるということは、脂肪が燃えやすい体になるということです。
だから、スリムレッグメーカーの愛用者の中には、美脚効果を高めるためにスリムレッグメーカーを履いて入浴する人もいるんですよ。

スリムレッグメーカーはアスリートのテーピング理論を応用して、効果的に筋肉を刺激し、リンパの流れを改善することで、むくみを解消。さらに、生地に脂肪燃焼効果が期待できるゲルマニウムを使用することで、付いてしまった脂肪も燃やすから、スリムレッグメーカーは高い美脚効果を期待できるんですね。

スリムレッグメーカー公式サイト画像

スリムレッグメーカー公式サイトボタン画像