ノンエー(NonA)効果使い方画像

ノンエー(NonA)の効果は使い方を間違うと出ない?

実はノンエー(NonA)が手元に届いたら、ただ毎日の洗顔に使うだけでニキビがよくなる効果があると思ったら間違いなんです!

ノンエー(NonA)でニキビケア洗顔をする時には必ず正しい使い方で洗顔しなければ効果を感じることができなかったり、使い方次第ではノンエー(NonA)が肌に刺激になり逆効果の場合も…

せっかく手に入れたノンエー(NonA)で早く洗顔をしてニキビの無い肌に!と思って気持ちは焦ってしまいますが、まずは正しい使い方・効果の出る使い方を知っておきましょう。

ノンエー(NonA)の正しい使い方・効果の出る使い方は難しいものではありません。でも、だからといって正しい使い方・効果の出る使い方をしなかったら良くなるどころがニキビがひどくなったり効果が全く出なかったりということにもつながるのです…

ノンエー(NonA)公式サイトボタン画像

ノンエー(NonA)の正しい使い方・効果の出る使い方

①清潔な手で爪の中まできれいに洗ってからノンエー(NonA)を使う

人の手のひらや爪の中にはどれくらいの菌がいるか知っていますか?たった1cm範囲に460万の菌が存在しています。

ニキビケアをしようとしているのに手を洗わずにノンエー(NonA)手に取り泡立てるという使い方をしてしまうと…どういう逆効果があるか想像するととても怖いですね!

この使い方では、たくさんの手や爪の中にいた菌がノンエー(NonA)の泡に混ざって肌に付着しニキビをさらに悪化させたり増やすことにもなる逆効果な使い方です。

ノンエー(NonA)を効果的に使うときは必ず手や爪の中を清潔に洗ってから!という使い方を心掛けるようにしましょう。

②まずはノンエー(NonA)なしのぬるま湯洗顔

手がきれいになっていざ洗顔!といきたいところですが、まずはノンエー(NonA)は使わずにぬるま湯で顔を何度か洗って汚れや皮脂をある程度落とします。

この時のお湯の温度は34~36℃でいいと言われていますが、汚れや皮脂を落とす効果のある温度調節は個人でしなければいけません。

皮脂が多くてテカテカしていると思うときは体温よりも少し高いくらいのお湯で洗うと効果的です。逆に肌が乾燥していてかさつきのある人や肌が敏感な人は洗いすぎを防ぐためにも低めの温度でさっと流すというお湯の使い方が効果的です。

毛穴の汚れが気になっている人はノンエー(NonA)で洗う前に毛穴を開いたほうがいいので高めの温度がおすすめです。乾燥がある時は毛穴ケアまで同時に!というのはやめておいた方が肌への負担がなくていいと思います。

③ノンエー(NonA)を泡立てネットで泡立てる

ノンエー(NonA)を泡立てるネットは何を使っても大丈夫ですが、ネットの中に石鹸を入れたままにするノンエー(NonA)石鹸の使い方は絶対に辞めて下さい!入れたままにするタイプの泡立てネットは濡れたままになってノンエー(NonA)に菌が付着しニキビを悪化させるという逆効果になることがあるので避けましょう。

効果的な泡の量はノンエー(NonA)のホームページではゴルフボール2~3個分の大きさとなっているので、使い方の目安にするといいでしょう。

皮脂でテカテカしているのが気になるという人はもう少しノンエー(NonA)の泡の量を増やしてみるのも効果的だと思います。

④皮脂の多い部分からなでるように洗うと効果的

泡立てネットで作ったノンエー(NonA)の泡でまずは皮脂が多い部分から洗っていきます。顔の中では鼻やおでこなどのTゾーンが皮脂が多いと言われています。

ノンエー(NonA)で洗うとき以外にも、洗顔をする時はこの順番で洗うことで肌トラブルを軽減できるので常に気にしておきましょう。

次に頬や口元、そして目の周辺を洗うという使い方が理想です。

この時ノンエー(NonA)の泡でゴシゴシ洗ってしまいがちですが、力を入れると洗いすぎになり逆効果、間違った使い方となります。

ノンエー(NonA)の泡で優しくマッサージするように洗っていきます。泡を滑らせていく使い方をイメージしましょう!

⑤流すときは肌質に合わせてサッと流す

ここまでノンエー(NonA)の正しい使い方で洗ってきているので泡で優しく撫で洗いしている状態でもちゃんと汚れは落ちています。優しく撫で洗いしただけでは効果がないのでは?と不安になる人も多いようです。ノンエー(NonA)は洗浄力は強い方なので心配いりません。

しかし、最後のすすぎの段階で何度も洗い流してしまうと洗いすぎになってしまい、肌が乾燥しニキビには逆効果になります。

ノンエー(NonA)の正しい使い方として最後は、30秒以内にサッとぬるま湯で洗い流す(乾燥が気になる人はもう少し短めに洗う)ということを守りましょう。

⑥清潔なタオルで当てるだけという使い方を!

流し終わって顔を拭くときは清潔なタオルで優しく拭いていきます。タオルは絶対にゴシゴシと力を入れて拭くという使い方をしてはいけません!

トントンとタオルを当てるような使い方をしてください。

強く拭いたことでノンエー(NonA)の洗顔で敏感になった肌を傷つけてここでまた逆効果になる原因を作ってしまうことにもなります。

このようにノンエー(NonA)は正しい使い方・効果の出る使い方があります。ノンエー(NonA)正しい使い方・効果の出る使い方は決して難しかったり手間がかかるものではありません。

間違った使い方をすることでニキビがひどくなったという逆効果を出さないためにもノンエー(NonA)は必ず正しい使い方・効果の出る使い方で使用し、肌への負担を減らすようにしましょう!

ノンエー(NonA)の正しい使い方・効果的な使い方をする上で気を付けるのは、お湯の温度や流し洗いの時間など一人ひとり基準が違う部分だけです。

ニキビの悩みを解消するためには、根気よくノンエー(NonA)を正しい使い方・効果の出る使い方で続けるのが一番の近道です!

ノンエー(NonA)公式サイト画像

ノンエー(NonA)公式サイトボタン画像