ノコア(NOCOR)効果使い方画像

ノコア(NOCOR)で妊娠線ケア!効果的な使い方

ノコア(NOCOR)はできてしまった妊娠も対策できる妊娠線予防クリームです。
使い方も簡単で、妊娠中でも使えるのが話題になっています。

お腹の中の子どもがすくすく育っているのは嬉しいけれど、日々大きくなるお腹を見ると、心配になるのが妊娠線。

できれば作りたくないと産前に妊娠線ケアを頑張る人も、妊婦さんには多いです。でも、ある日鏡を見て、妊娠線ができているのに気づいて唖然なんてことも多いんですよ。

できる前なら、対策のしようもあるけれど、できてしまったら諦めるしかない…と思っている人、いませんか?

そこでノコア(NOCOR)の効果が注目されています。

ノコア(NOCOR)は楽天ランキングで1位をとり、モンドセレクションも受賞するほど人気の妊娠線予防クリームです。また、ノコア(NOCOR)は安心の無添加、日本製ということもあり、妊娠線を絶対作りたくないママたちに選ばれています。

ノコア(NOCOR)を塗ることで目立つ妊娠線をどうにかできるのであれば、ぜひとも使ってみたいところですが、すでにできてしまった妊娠線はクリームごときにはそうそう消えません。なのになぜノコア(NOCOR)はクリームなのに注目されているのでしょうか?

実はノコア(NOCOR)には、ある効果に注目することで、できてしまった妊娠線までもケアできるように開発されているんです。

NOCOR(ノコア)公式サイト画像

ノコア(NOCOR)は妊娠線予防のために使い方だけでなく保湿効果にもこだわっている

ノコア(NOCOR)の基本的な使い方はボディクリームと同じく適量を手に取り人肌に温めながら妊娠線が気になる部分に広げて塗るだけです。使用回数は1日2,3回。乾燥が気になる時は3,4回と増やしてみる使い方もおすすめされています。

なのでノコア(NOCOR)は特殊な手法はなく、誰でも簡単に使えますよ。

妊娠線は約7割の女性ができてしますと言われているそうです。

妊娠線を予防するには肌に潤いや弾力性を保つケアが大切です。でも、普通のボディクリームでは肌の表面までは保湿しても妊娠線まではケアできませんよね。

そこで、ノコア(NOCOR)は保湿効果に注目しています。

しかも、ただ肌の表面を保湿する効果ではありません。

ノコア(NOCOR)は肌の奥まで浸透して、供給することに注目し、アフターケアに特化した独自成分で妊娠線を予防ケアできるように開発されているんです。

だからノコア(NOCOR)の口コミでは高い保湿効果が期待できると高評価で、二人目を妊娠中のママも愛用していますよ。

ノコア(NOCOR)を効果的に使って妊娠線を予防する使い方

ノコア(NOCOR)は絶対妊娠線を作りたくない!という女性の間で効果を実感できると好評の予防クリームです。実際に、ノコア(NOCOR)で効果を実感している女性も多いのですが、使い方を間違えると、効果がなかったという結果になりかねません。

ノコア(NOCOR)で予防に適した使い方をするには、いくつかポイントがあります。予防のためのクリームの使い方で注意すべきポイントはこちら。

お腹が大きくなる前から、肌のうるおいや柔軟性を保つ

妊娠線予防クリームをお腹が大きくなってから、使うという使い方をする人もいますが、実はこの使い方では不十分。手遅れになることも多いんです。

妊娠線ができる原因になるとされる乾燥や肌荒れは、肌のバランスが不安定になる妊娠初期から始まっています。不安定な肌のまま、妊娠中期に入って、お腹が一気に大きくなるとできてしまうんですね。

そのため、ノコア(NOCOR)の効果的な使い方は、使用開始時期が重要。つまり、ノコア(NOCOR)で予防をするための効果的な使い方は、妊娠初期から使うというものです。

さらに、ノコア(NOCOR)の効果を実感しやすくするための使い方のポイントをお話しするとすれば、クリームをケチらないということです。

ノコア(NOCOR)のクリームをたっぷり塗る。

ノコア(NOCOR)に限らず、他の妊娠線予防クリームを使うときにも、この使い方のポイントは効果的に予防するために大切です。ノコア(NOCOR)の口コミなどで、ノコア(NOCOR)を使っていたにも関わらず、効果がなかったという人がいますが、クリームを塗る量が足りなかったという可能性が高いです。

ノコア(NOCOR)の予防のための効果的なクリームの使い方のポイントをまとめるとこちら。

  • お腹が大きくなる前の妊娠初期から使うと効果的
  • 妊娠線予防クリームはたっぷり使う

ノコア(NOCOR)などの妊娠線予防クリームを使いながら、一気に太らないように体重管理をするというのも、同時に気をつけるとより効果的ですよ。

ノコア(NOCOR)で予防できなかった時のケア!どの部位にも共通の効果的な使い方

ここからは、ノコア(NOCOR)の使い方を妊娠線ができやすい部位に分けてご紹介。けれど、どの部位に使う際も共通する使い方のコツとして、ぜひ実践してもらいたいことがあります。それは、

妊娠線予防クリームを手に取ったら、両手で温める

です。

ノコア(NOCOR)はもともと伸びがいい妊娠線予防クリームですが、温めることでさらにクリームの伸びを良くすることが可能に。ノコア(NOCOR)を使う前のひと手間、クリームを温める。ノコア(NOCOR)を購入した際は、やってみてくださいね。

ノコア(NOCOR)が大活躍!効果を実感しやすいお腹での使い方

妊娠線が一番できやすいのがお腹。できやすい上に目立つので、ここに効果を実感できなかった時のは心理的ダメージが大きいですよね。

でも、効果があった時に一番テンションがあがるのもお腹です。妊娠線予防クリームの使い方をしっかりマスターして、効果を実感しましょう。

ノコア(NOCOR)の使い方に関する口コミを見ていると、お腹をクリームでマッサージして…なんて書いてあるものがありますが、お腹の赤ちゃんのことを考えると、これはおすすめできない使い方です。

ノコア(NOCOR)のクリームならしっかり馴染むので、マッサージしなくても大丈夫です。かえって、マッサージを併用する使い方をしてしまうと、それが刺激になり、流産や早産に繋がる危険性もあるので、逆効果。止めてくださいね。

ノコア(NOCOR)のお腹での使い方はこちら。

1.下腹部の中心に両手を当てて、おへその上を目指して、弧を描くように手を持って行く。
2.再度、下腹部に両手を当てて、1回目よりも内側をなぞるようにノコア(NOCOR)を塗る。
3.さらに内側をなぞり、おへその上を通るように塗る。
4.この使い方を何度か繰り返して行ってください。

このクリームの使い方の注意点は、効果を期待するあまり、力を入れすぎてしまうことです。優しく、お腹をなでながら、赤ちゃんに話しかけながらすると、リラックスできますよ。

ノコア(NOCOR)の効果を実感しやすい部位ランキング2位!胸・腰・お尻への使い方

ノコア(NOCOR)を使う個所はお腹だけではありません。胸や腰、お尻もできやすいスポット。妊娠線予防クリームの出番です。

ノコア(NOCOR)の効果的な使い方はこちら。

胸での使い方

1.胸の外側に両手をあてて、外から内に向かって何度か塗る。
2.胸の下から鎖骨まで、下から上に向けてノコア(NOCOR)を伸ばしていく。
3.デコルテ付近にクリームを延ばす。

胸で効果を実感するための使い方のコツは、下から上を意識すること。妊娠線ができやすいのは、胸の下側です。また、外側も皮膚が柔らかく膨らむ部分なので、しっかりクリームなどでケアする必要があります。

お腹同様、胸もマッサージしたくなりますが、妊娠後期、臨月に入れば、病院から指導があるでしょうから、それまでは刺激しないようにしましょう。

腰・お尻での使い方

1.腰の外側から円を描くように腰、お尻全体に妊娠線予防クリームを延ばす。
2.大きな円と小さな円を交互に描きながら、クリームを塗り、塗り残しがないようにしましょう。

腰からお尻にかけては、自分から見えないので、ケアが怠りがちに。でも、この部位にも妊娠線はできるので、しっかりノコア(NOCOR)のクリームでケアしましょう。

ノコア(NOCOR)は腕にも効果が期待できる!正しい使い方

皮膚が柔らかい二の腕の内側など、腕も実は、できやすい部位です。けれど、腕にも妊娠線ができることを知らない人は結構います。ノコア(NOCOR)の正しい使い方を知って、腕の妊娠線も効果的に予防しましょう。

腕での使い方

1.二の腕の外側を軽く掴み、内側へ絞るように手で摩る。
2.脇のところからひじの方向に手を移動し、腕全体を優しくマッサージする。
3.最後に内側を優しくなでる。

先ほども書きましたが、二の腕の内側などは妊娠線ができやすいです。そのことを知らなくて、ケアを怠り、できてしまうケースが本当に多いです。

できる前に予防するのが一番効果的ですが、できてしまっても妊娠線予防クリームを延ばしながら、ケアしましょう。

ノコア(NOCOR)の効果的な使い方の最後は太もも

体重管理がうまくできなかったりすると、太ももの裏側などに妊娠線ができることもあります。太ももに妊娠線を発見してしまったら、すぐにノコア(NOCOR)のクリームでケアしましょう。

クリームを太ももに塗る使い方

1.太ももの内側から手を入れて、手の平を太ももの裏側にあてる。
2.そのまま肉を内側に引き寄せるようにマッサージする。
3.太ももの付け根からひざにかけて、脚全体に妊娠線予防クリームを塗りましょう。
4.クリームを馴染ませるために、外側と内側を縦方向になでる。

脚は妊娠中むくみやすい個所でもあります。ノコア(NOCOR)のクリームでマッサージして、リンパを刺激する使い方は、むくみ予防にもつながり、妊娠後期、産後を快適なものにするのにも効果が期待できます。

ノコア(NOCOR)を使って未来のコンプレックスを予防しよう

妊娠線予防だけでなく、できてしまった後のケアもできる人気のノコア(NOCOR)のクリーム。妊娠線予防クリームはたくさんありますが、できてしまった後まで効果を期待できるクリームは、珍しいです。

妊娠線には、ノコア(NOCOR)の妊娠予防クリーム!とまで言わしめているノコア(NOCOR)を正しく使って、効果的にケアをしましょう。

NOCOR(ノコア)公式サイト画像