ラピエル効果使い方画像

ラピエルは使い方を守って効果を引き出す

ラピエルの効果的な使い方は?と聞かれると実は一通りではないんです。
自分の肌の状態から効果が出そうな使い方を選んでラピエルを使ってみましょう。
まずは最初に付属でついてくる冊子に記載されているラピエルの効果的な使い方をご説明します。

ラピエルの効果的な使い方

① メイクをしっかり落とし、余分な皮脂が残らないように洗顔をする。
② 洗顔後は顔は力をいれてゴシゴシ拭かず押し当てるような感覚で拭く。
③ 化粧水と乳液を必ず使い洗顔後のお肌にうるおいを持たせておくと浸透効果アップ。
④ ラピエルを掌に2~3プッシュ出し手で温めて使う使い方が効果的。
(敏感肌の人は最初はラピエルの使う量を1プッシュ程度の少なめからスタートします)
⑤ 冊子に記載の効果をアップさせるフェイスマッサージなどをとりいれた使い方がおすすめ。

このラピエルの使い方が効果を引き出す一般的な使い方です。
ラピエルをなじませる時のマッサージ法は自分にあったもの、行いやすいものでいいので何か1つを実践すると効果がぐっとアップします。
ラピエルを塗って小顔ローラーを使うという使い方が血行がよくなり効果があったという口コミがたくさんありましたよ。

ラピエル公式サイト画像

ラピエルにはこんな効果的な使い方も!

◇ 化粧下地として使う使い方

ラピエルを使っている人で乾燥肌に悩む人は小顔対策と一緒に乾燥対策も行っていました。
メイクをする前にラピエルを下地として使うという使い方で日中の乾燥を防ぎ、メイク直しの手間も減るという効果があったそうです。
ラピエルは軽めのテクスチャーなのでムラにならず下地として使うという使い方も効果的なようです。

◇ デコルテに使う使い方

ラピエルを使う時に顔以外にもデコルテまで使うという使い方もありました。
デコルテまでラピエルを塗って顔からデコルテまでの広範囲でリンパのマッサージを行うという使い方では効果が格段とアップしたそうです。
この使い方で血行改善効果が出て老廃物の蓄積が改善されたことにより、むくみ改善効果や顔の血色が改善され肌トーンが明るくなるという効果が口コミされています。

◇ ラピエルを朝晩で使う使い方

ラピエルはナイト美容液として販売されていますが、朝晩の2回使うという使い方をしている人もいました。
下地としてラピエルを使うという使い方と同じく日中の保湿効果が期待できます。
むくみがひどい時だけ朝にも使うという使い方で、むくみ軽減効果があったという口コミもありましたよ。

ラピエルの正しい使い方で得られる効果

・ 保湿効果

ラピエルに使われているカタツムリ分泌液は韓国でブームとなり日本にも入ってきました。成分のグリコール酸には肌荒れ予防効果、アラントインには開いた毛穴を引き締める効果や抗炎症効果があります。
そしてコラーゲンが豊富に含まれているため保湿効果・美肌効果もあるのです。
ラピエルの正しい使い方をすればカタツムリ分泌液の効果をすべて吸収できます。

・ ニキビ予防効果

ラピエルに配合されているグリチルリチン酸は正しい使い方をすればニキビ予防効果が期待されます。
この成分はステロイドと同じ効果を発揮すると言われていますが、副作用の心配はありません。
グリチルリチン酸の使い方の決まりに1日40mgまでと記載されています。ラピエルには悪影響が出るほど含まれていません。
ラピエルを正しい使い方で使用していれば問題ありません。

・ 小顔効果

ラピエルの正しい使い方をして1番手に入れたい効果が小顔効果ですね。
ラピエルには引き締め効果のある成分がたくさん配合されています。
正しい使い方でラピエルを使えばしっかり成分が浸透し、効果を発揮します。
ラピエルに配合されている引き締め効果成分では、リフトアップやしわの改善、フェイスラインをシャープに整える効果が期待できます。

・リラックス効果

これは正しい使い方とは関係ないですがラピエルには気持ちをリラックスさせる効果もあります。
ラピエルに含まれているローズ水による効果です。精神状態を安定させる効果、脳内のホルモンを助ける効果があります。
ラピエルを正しい使い方で使用し香りもゆっくり楽しんでみて下さい。

ラピエルの効果的な使い方で副作用はでない?

ラピエルをいくら正しい使い方で使用しても成分に副作用がないか心配に思う人もいますよね?
ラピエルは徹底した品質管理で国が認めたGMP認定工場にて国内生産で作られています。

成分を見る限り正しい使い方で使用しても副作用がある物は含まれていないのでいい効果を実感してもらえると思います。

ただ1つ敏感肌の人や肌が弱い人には正しい使い方で使用しても刺激を感じる人がいるかもしれないという成分がありました。
フェノキシエタノールという成分です。この成分は防腐効果がありますが天然成分のため肌には優しく強い刺激もありません。
でも殺菌効果もある成分のため敏感肌の人や肌が弱い人は刺激を感じることがあるかもしれません。

ラピエルのニキビへの使い方と効果

ラピエルを正しい使い方で使ったのにニキビができた人はひどい場合は使用を中止した方がいいですが、軽い場合はつけすぎによる逆効果も考えられます。
皮脂の分泌が多く普段テカリが気になる部分にニキビができていませんか?
もしそうだった場合はラピエルによる保湿効果で皮脂の分泌が増えてニキビができてしまった可能性があります。
ラピエルをその部分に塗らない使い方をするか、薄く塗る使い方に変えて効果を見てみましょう。

反対にラピエル使用前からニキビがある人は、ニキビのできた部分に少しだけラピエルをのせるような使い方をしてみて下さい。
抗炎症作用の効果でニキビが治ったという口コミがたくさんあるので効果が期待できます。
ラピエルなら大人ニキビにも思春期ニキビにも効果があるようです。

ラピエルは基本的な使い方でも効果を応用した使い方でもどちらを選択しても大丈夫です。
効果を応用した使い方をする時も基本的な使い方も大切なので忘れないようにしてください。
ラピエルで効果を実感した人の使い方にはマッサージや顔の運動が必ずといっていいほど入っていたので、手軽にできるものでもいいので何か1つでも実施するようにすると効果がアップしますよ。

ラピエル公式サイト画像