エレクトーレ効果成分画像

エレクトーレの成分と効果を徹底解明

エレクトーレは良質な成分と確かな効果で長年愛され続けているフェイストリートメントです。エレクトーレをこれまでに取り上げた女性雑誌はなんと72誌。愛用している芸能人も多数の人気商品です。エレクトーレは顔のクスミやたるみなど老化が気になり始めたら、一回は使ってみたい商品ですが、噂だけが独り歩きしている感じもしないではありません。そこで、エレクトーレの成分と効果を改めて紹介したいと思います。

エレクトーレの成分はアンチエイジングに大きな効果を期待できるものばかりなのですが、そもそも老化ってどんな現象をいうのでしょうか?老化を別の言葉に言い換えると酸化です。リンゴをカットしてそのままにしておくと、どんどん色が茶色くなりますよね。これが酸化で、肌で酸化が起こると肌がくすんだりたるんだりします。

老化を招く原因になる物質は活性酸素です。活性酸素は細菌やウィルスから私たちの体を効果的に守ってくれていますが、余分にあるとかえって体の細胞まで攻撃してしまいます。また、活性酸素は細胞膜にある成分の脂質と結びつき、過酸化脂質を作り出し、細胞を老化させるんだそうです。

エレクトーレには肌の老化に効果を期待できる成分を配合されており、1回たった10秒のケアで肌をみずみずしく美しい肌へと導きます。とうことで、エレクトーレの効果の秘密は成分にあるので、それぞれの成分について詳しくみていくことにしましょう。

エレクトーレの成分は次の通りです。
水、グリセリン、シリカ、カオリン、BG、ベントナイト、アルミナ、酸化鉄、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、ポリクオタニウム-51、グルコシルセラミド、α-グルカン、キサンタンガム、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

恐らく前半に書かれている成分はクレイに含まれる成分でしょう。ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムは公式サイトでヒアロベールとして紹介されている成分に当たると思われます。同様に、カルボキシメチルヒアルロン酸Naはヒアロキャッチ、サクシノイルアテロコラーゲンはベビーコラーゲン、ポリクオタニウム-51はリピジュアに相当する成分だということが調べて分かりました。
なので、ポリクオタニウム-51までがエレクトーレのアンチエイジング効果を支えるメインの成分と考えていいでしょう。

今回はポリクオタニウム-51以下の成分についても効果や毒性についても調べたので、説明しますよ。この記事を読めば、エレクトーレの成分と効果を完全把握できるでしょう。エレクトーレのメイン成分から添加物まで全部知りたい!という人は読んでみて。

エレクトーレ公式サイト画像

エレクトーレの成分はクレイ抜きでは語れない!驚きの還元効果に注目

エレクトーレに使われているクレイには岐阜県奥美濃地方で産出されるミネラルオーレという鉱石が使われています。この希少な鉱石にはミネラルがたくさん含まれていますが、エレクトーレの成分一覧を見ると、シリカやカオリンといった美肌効果が高いとされるミネラルが含まれていることが分かります。

シリカはコラーゲンの働きを助ける成分で、海外ではコラーゲンよりも美肌に効果があるとされ、人気の成分なのだとか。シリカにどんな効果があるか具体的にいうと、肌の弾力に欠かせない組織をまとめ束ね、コラーゲンと結びついて肌の隙間を接着剤のように埋め、保湿力をアップし、肌を丈夫にしてくれるんですよ。
エレクトーレの成分一覧をチェックすると、シリカが三番目に来ているので、エレクトーレの成分配合比の中で大きな比率を占めていると考えられます。

カオリンは岩や石などが風化してできる粘土のことです。なので、カオリンは成分というかクレイそのものなんですが、効果としては毛穴の汚れや余分な角質を吸着しやすく、角質除去にも効果があります。

BGは化粧品などでよく見る成分ですが、多くの場合は植物エキスの抽出効果が目的で使われることが多いですが、10%以上の配合量だと保湿、保水、抗菌の効果も期待していいでしょう。
ベントナイトはケイ酸塩鉱物のモンモリロナイト主成分とする天然粘土鉱物です。清涼感があるのが特徴でひんやりとした感触があります。吸収性が高く、肌につけることで余分な皮脂を除去する効果があります。
アルミナと酸化鉄はクレイを構成する成分で鉱物の細かい粒子です。

エレクトーレのクレイがすごいのは成分だけではありません。エレクトーレのクレイは独自技術でミネラルオーレにマイナス電位を帯びさせた還元効果抜群のクレイです。エレクトーレのミネラルオーレの電位はなんとマイナス700ミリボルト。
電位はマイナスの数値が大きくなるほど高い還元効果(サビを取って元に戻す力)が高くなりますが、水素水の電位がマイナス600ミリボルトなので、エレクトーレはそれ以上の還元効果を期待できるという訳です。

エレクトーレの美容成分は保湿効果が違う

エレクトーレに含まれる保湿成分は保湿効果や浸透力という点で、他の化粧品とちょっと違います。一つずつ説明していきますね。

エレクトーレに配合されているヒアルロン酸は吸着型ヒアルロン酸のヒアロベールといわれる成分です。普通のヒアルロン酸は洗い流すとそのまま流れていってしまうのですが、ヒアロベールは洗顔後も肌に吸着し、潤いのベールを作るから保湿効果が全然違います。

エレクトーレに含まれるもうひとつのヒアルロン酸ヒアロキャッチはスーパーヒアルロン酸と言われるだけあって、保水効果はヒアルロン酸の約3倍、浸透力は2倍あるといわれています。一度抱えた水分を逃がしにくく、潤いが一日中続くといわれる成分です。

ベビーコラーゲンとしてエレクトーレの公式サイトで紹介されているサクシノイルアテロコラーゲンは、固まりやすいというコラーゲンの性質を取り除いた浸透性の高いコラーゲンです。成分や効果は肌の真皮にあるコラーゲンと同じなので、肌に浸透した後は皮膚の内側から綺麗を保ってくれる効果があります。

リピジュアは、細胞膜を作っている成分のリン脂質を結合させてつくった高分子の水溶性の保湿成分です。ヒアルロン酸の2倍の保湿効果があり、洗顔しても皮膚に残るので保湿効果が続きます。

エレクトーレの残りの成分の効果も気になる!

エレクトーレの残りの成分についてもどんな効果があるのかみていきましょう。

グルコシルセラミドはセラミドとグルコースが結合したもので、肌に浸透するとセラミドを作り出す成分です。保湿効果とアンチエイジング効果があるとされます。

α-グルカン、キサンタンガム、酸化亜鉛は増粘剤や乾燥剤、収れん剤として化粧品に配合される添加物で毒性はありません。

グリチルリチン酸2Kは抗炎症効果や抗アレルギー効果が期待でき、敏感肌用の化粧品の成分としても使われます。、1,2-ヘキサンジオールはグリセリン、BG、DPGと同じくらいの保湿効果や抗菌力がある成分で、毒性は低く、化粧品の保存性を高めるためにも配合される成分です。フェノキシエタノールやメチルパラベン、プロピルパラベンは抗菌効果がある成分で防腐剤として化粧品に配合されていることが多いのだとか。

エレクトーレは成分的にも効果を期待できる安全性の高い化粧品

エレクトーレの成分と効果をみてきましたが、どれも高い効果を期待でき、なおかつ安全性の高い成分ばかりです。さすが、エレクトーレ、噂は成分的にみても本当のようです。

公式サイトでは初回購入が50%OFFになるキャンペーンをしているので、美肌を手に入れる絶好のチャンスですよ!芸能人も認めるエレクトーレの力をあなたも実感してみてください。

エレクトーレ公式サイト画像