セルビックFGFとEGFの効果使い方画像

セルビック(FGF・EGFエッセンス)は使い方で効果が変わる!

肌に良い成分を補って肌を蘇らせる化粧品はたくさんありますが、セルビック(FGF・EGFエッセンス)は、細胞そのものを元気にする化粧品として注目されています。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)に含まれるEGFは蘇生力の高さでノーベル賞を受賞するほどの成分。ただ塗っただけでも大きな効果を発揮するセルビック(FGF・EGFエッセンス)ですが、使い方に少し気を遣うだけで、より高い効果を発揮するんです。

セルビックの使い方を工夫といっても、難しいことはなく、順番やタイミングを気をつけるだけ。こんな簡単な工夫で、セルビックの効果が全然違ってくるので、この使い方は知っておいてほしい!と思い、今回は、セルビック(FGF・EGFエッセンス)の使い方を特集することにしました。

セルビック公式サイト画像

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の使い方は普通の化粧品と同じなのに効果が違う訳

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の使い方は基本的に普通の化粧品と同じです。なのに、どうして効果に大きな違いが生まれるのでしょう。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の効果の最大の特徴は、スッピン肌がきれいになるということ。セルビック(FGF・EGFエッセンス)は肌そのものを再生させるのですね。

繰り返しますが、使い方は一般的な化粧品と同じで、塗るだけ。何が違うかというと、セルビック(FGF・EGFエッセンス)は肌の細胞そのものを元気にします。一般的な化粧品は美容成分を肌に補い、肌を元気にします。でも、これって、化粧品依存の肌を作ることでもあるんです。

これに対して、セルビック(FGF・EGFエッセンス)の成分は、肌の細胞の増殖を促す成分です。つまり、細胞を活性化するんですね。肌は本来、洗浄と外的な刺激から肌を守ることです。逆に言えば、肌が元気であれば、これ以外のことは肌自身の力でカバーできるんです。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)は、肌の細胞そのものを元気にして、健やかな肌へと導きます。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)使い方その1!タイミングで効果が変わる

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の使い方で悩むのが付けるタイミングではないでしょうか?朝がいいの?それとも、夜?と悩んでいませんか?

もちろんベストな使い方は、セルビック(FGF・EGFエッセンス)を朝も夜も使うことです。でも、どちらか一方だけというなら、断然夜に塗るという使い方をおすすめします。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)は一般的な化粧品以上に夜というタイミングを意識した使い方をしてほしいです。なぜなら、肌のターンオーバーが活性化するのは、夜の10時から2時のゴールデンタイムだからです。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の成分が、ゴールデンタイムに肌に行き届いている状態を作ることで、細胞の活性化より効果的に促され、美肌作りにとても役立つ使い方をすることができます。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)は化粧水の前or後?効果を得る使い方で大切な順番

美容液の多くが化粧水の後に塗るという使い方をしますが、セルビック(FGF・EGFエッセンス)の場合は逆です。セルビック(FGF・EGFエッセンス)を化粧水の前に塗ります。

この使い方をしたほうが効果的な理由の一つは、化粧水の保湿成分で肌に膜が作られてしまうと、セルビック(FGF・EGFエッセンス)の成分がうまく浸透しないからです。

また、セルビック(FGF・EGFエッセンス)が肌に浸透すると、細胞が活性化され、ブースターの効果を発揮するので、セルビック(FGF・EGFエッセンス)の後に、化粧水を塗るという使い方をしたほうが、化粧水などの効果も実感しやすくなります。

ということで、セルビック(FGF・EGFエッセンス)の効果的な使い方の第2のポイントは、セルビック(FGF・EGFエッセンス)を洗顔後すぐに塗るです。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)を使う量も使い方では大切!効果を発揮する分量

セルビック(FGF・EGFエッセンス)は、たくさん塗れば塗るほど効果を発揮するかというと、そういう訳ではありません。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)のメイン成分であるEGF、FGFは、必要な量しか肌に浸透しません。だから、たっぷり塗るという使い方をしても、適量塗るという使い方をした時と効果はあまり変わらないのです。

適量の見分け方ですが、セルビック(FGF・EGFエッセンス)を顔全体に馴染ませ、突っ張る感じがしたら、塗り足すという使い方でOK。足りなければ塗るというのが効果的な使い方のポイントで、セルビックは始めから大量に塗る必要はありません。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の効果を顔以外でも!使い方は簡単

セルビック(FGF・EGFエッセンス)を顔以外の個所に使うという使い方も有効です。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)は黒ずみやシワ、たるみに効果を発揮するので、これらの症状が気になるところに塗るとスキンケアとして効果的な使い方をできます。なので、セルビック(FGF・EGFエッセンス) は首や背中、ひじ、ひざなどの美肌対策にも効果を期待できますよ。

また、セルビック(FGF・EGFエッセンス)を頭皮に塗るという使い方をすると、髪の抜け毛やダメージケアにも効果を発揮します。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)をいろんな使い方をして効果を実感しよう!

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の主成分ではるFGFやEGFは、もともと人の肌に含まれているたんぱく質なので、全身に使うことができ、かつ、高い効果を期待できる成分です。

セルビック(FGF・EGFエッセンス)の正しい使い方をして、効果を実感したら、ぜひ、顔以外の気になる個所にも使ってみてくださいね。セルビック(FGF・EGFエッセンス)で360度どこから見られても恥ずかしくない美肌を目指せ!

セルビック公式サイト画像